テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【アンビリーバボー】奇跡が紡いだ命の感動話 出演者も涙【まとめ】

読了までの目安時間:約 7分

 



本日放送された「アンビリーバボー」にて、奇跡が奇跡を呼んで1人の女性の命を救った感動の話が紹介されました。

命のタイムリミットが迫る女性に、見知らぬ人からかかってきた電話。それは運命が変わる奇跡の瞬間でした。

絶望的な状況からのハッピーエンドに、スタジオの出演者も涙しました。

それでは、その奇跡の話を見てみましょう。

重い病気にかかった女性

Sponsored Link



話の主役は、看護助手として働くヘザー・クルーガーさん。幼い頃の夢だった看護の仕事に就く中、めまいなどの体調不良が続いたんです。髪の毛が抜け始め、最終的には腸の損傷が見つかるという事態にまでなりました。

そして彼女は、看護の仕事も辞めざるを得なくなってしまったんです。

彼女が患ったのは、自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎とは、免疫機能が何らかの異常により、肝臓内の正常な細胞などを攻撃してしまうというもの。ヘザーさんは余命2か月を宣告されました。

この病気を治すには肝臓移植しか手が無いとのことで、待機リストに登録はしたんですが、脳死患者が出る前にヘザーさんがもつかどうかという状況…。

そこで、医師から教えられたもう1つの助かる道は、生体肝移植

この移植は読んで字のごとく、生きてる健康な人の肝臓の一部を患者の肝臓に移植するというもの。肝臓は、1~2か月で元の大きさに戻るんですよ。

ですがこの移植には、血液型や年齢・健康状態・メンタル状態が良好なのかどうかという厳しい条件があったんです。

家族や親族で適合者を探したんですが、適合する人はいませんでした。

ヘザーさんは、わずかな望みにかけてドナーを求めるチラシを作り、フェイスブックでも呼びかけを続けました。一般の人から10人の人が提供を申し出たんですが、適合者はいませんでした。

そんな時に、見知らぬ人から電話がかかってきました。

奇跡の始まり

Sponsored Link



電話を掛けたのは、クリス・デンプシさん。ヘザーさんの住むところから12km離れた村の役場で働いていました。

ある日、いつもとは違う休憩所で休憩を取ることになったクリスさん。そこでヘザーさんのイトコのジャックさんが、ドナーが見つからないことを話しているのを小耳にはさむんです。

話を聞いたクリスさんは、何故か気になって仕方が無かったんです。3日すぎるころにはいてもたってもいられず、ジャックさんに話しかけました。

ジャックさんから詳しい状況を聞くと、クリスさんは生体肝移植の検査を受けることを決意しました。そして検査の結果、奇跡的に適合したんです!

しかし、クリスさんの母親からの猛反対が。というのも、生体肝移植はドナーの死亡リスクが高く、25%が合併症を起こしているんです。

でも、クリスさんはヘザーさんに電話して「私の肝臓を差し上げます」と言ったんです。疲れた声から安心した声になったヘザーさんと会話して、「自分の決意は間違いなかった」とクリスさんは振り返っています。

クリスさんは、幼い頃から困っている人は手を貸さずにはいられない人でした。

実は、16歳の時には脳死の際の臓器提供や骨髄バンクにも登録していたんです。

高校卒業後は米軍の中でも精鋭と言われる海兵隊へ所属し身体や精神を鍛え上げました。そして除隊後は見識を広めるために大学へ行き、その後故郷の村役場で働いていたんです。

その仕事ぶりも困っている人を助ける姿勢で行われていて、例えば、車いすの老人が住む古い家が崩れ落ちそうと聞けば、法令違反で取り壊すのではなく、寄付を募って建て直すことまでしたんです。

そんなクリスさんの人柄を見て、スタジオからは「神様みたい」という声もあがっていました。

ハッピーエンドへ

そしてヘザーさんとクリスさんは、昨年の2月に初めて顔を合わせたんです。

その後は、家族ぐるみで何度も食事や映画に出かける機会を作り、最初は反対していたクリスさんの母親も、次第にヘザーさんを気に行ってくれました。

クリスさんは、手術費用のための募金もかって出たんですよ。

また、不思議と2人の好みは一致して、いつの間にか2人で一緒にいるのが当たり前になっていったんです。クリスさんは、どんなに苦しくても明るいヘザーさんの強さに惹かれ、いつしか恋をしていました。

ですが、手術を目前に控えたある日、「手術が終わったら無理に連絡しなくていい。それぞれお互いの道を歩いて行こう」とヘザーさんに話しました。肝臓提供を重荷に感じてほしくなかったんです。

そして昨年3月16日、生体肝移植手術が行われました。クリスさんは8時間、ヘザーさんは12時間に及ぶ大手術。見事手術は成功しました。

1年後、アンビリーバボースタッフがクリスさんの元を訪れました。

クリスさんは1度退院してから合併症が出て、3週間ほど入院しましたが今は健康だそうです。

そして、手術後はヘザーさんの家に訪ねに行くことがなくなってしまったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってもう同棲するまでの仲になってましたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスさんとヘザーさんは、術後に交際を開始したそうなんです。昨年12月、クリスさんはプロポーズし、今年の10月には結婚式を挙げる予定なんですよ。

ヘザーさんは、クリスさんが与えてくれたものについて、「肝臓以外にも希望や愛など、私にとって2度目の人生のチャンスそのもの。どんなにつらいことがあっても諦めないで生きていれば必ず幸せになれる」と語ってくれました。

 

何がすごいってクリスさんの人柄が凄いですよね。本当に素敵です。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る