テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【ヒルナンデス】USJ新要素大紹介!千葉雄大もオリラジもJUMPも絶叫!【まとめ】

読了までの目安時間:約 5分

 



今日放送された「ヒルナンデス」にて、「男だけの修学旅行」のコーナーで15周年となったUSJが紹介されました!

リポートしたのは、オリラジの2人・八乙女くん・有岡くん・そして千葉雄大くんの5人!

千葉くんはUSJに来るのが初めてでテンションも上がっていましたw

今回は、15周年でパワーアップした見どころが公開されましたよ!

うつ伏せ状態で滑走するフライング・コースターやハリポタエリアの異変、ダンスパーティー、きゃりーぱみゅぱみゅが共同開発したアトラクションなどやりすぎエンターテイメントをテーマに掲げてメンバーもやり放題!

それでは見てみましょう!

ジュラシック・パーク

Sponsored Link



エリア内に恐竜が!

一番大きく変化したこのジュラシックパークのエリア。エリアに入ると草食恐竜のトリケラトプスが動いています!瞬きもするしまるで本物のようです。

15周年になったということで、エリア内で恐竜とふれあうことができるんですよ。ですが安心していられません…!

肉食恐竜が脱走し、エリアにいる人々に襲い掛かるダイナソー・パニックというサプライズもあるんです!

ディスカバリー・レストラン

映画内に出てくるビジターセンターをモデルに設計されたレストランです。

15周年新メニューとして、ティラノサウルスの巣プレート(1,590円)が出てきました。ハンバーグとフライドポテトで出来た巣の上には、ハンターが命がけで取ってきた卵がちょこんと乗っています。

お肉はかなりジューシーで、半熟の卵とよく絡んでいますよ。恐竜時代がテーマなので、お米は古代米を使用。もちもちした食感が特徴的なんです。

ちなみにこのレストランにも、食事中に恐竜がサプライズ乱入することがあるんですよ。まさにやりすぎ!!

目玉アトラクション:ザ・フライング・ダイナソー

プテラノドンにつかまって空を飛ぶ感覚が味わえるというこのアトラクション。なんとうつ伏せ状態で手足がぶらぶらのまま滑走!まさに空を飛ぶような感覚が味わえます。

このアトラクションの長さは、フライングコースターでは世界最長の1,124メートル!そして最大落差も世界最大の37.8メートル

下を向いているので高さをもろに感じ、怖さも倍増です!急降下後ば横に360度きりモミ回転し、さらに縦に1回転!進む方向が予測不可能のスリル満点なコースターです。

そのスリルに、乗った全員抜け殻状態wでもあまりに楽しくて千葉くんは「もう一回乗りたい!」とはしゃいでいました。

ちなみに、知らないうちに写真を撮っているサービスもあるんですよ。

ハリー・ポッターエリア

Sponsored Link



ホグズミード村で魔法が使える!

最近CMでも話題になっていますよね。オリバンダーの店で自分に合う杖が決定されると、キャストから地図を渡されるんです。その地図には魔法をかける場所が書かれていて、その場所に行って呪文を唱えると、魔法が使えるというアクティビティなんですよ。

魔法を使える場所に着くと、地面には杖の動きと呪文が書かれたメダリオンがあります。それに従って、「インセンディオ」と唱えながら杖を振ると、煙突から炎が出てくるんですよ。

ただ、メダリオンに記された杖の動きを忠実にやらなければ、魔法は発動しないので、一発で魔法が使える人もいれば何回やっても中々発動しない人もいるんですよ。

ニューヨーク・エリア


Let's RE-BORN Partyで盛り上がろう!

再び生まれ変わる=RE-BORNをテーマに、キャラクターたちと一緒に踊って盛り上がるダンスパーティーです。

ミニオンを筆頭に、エルモやスヌーピー、キティなどの人気キャラが一斉に登場します。リボーンをテーマにボンボンとした振付をキャラクターと一緒に踊ることができますよ。

ここでいつも以上に盛り上がって、テンションアゲアゲでいっちゃいましょう!

 

新たに盛り上がりを見せてきたUSJ!15周年は今年しかないので、ゴールデンウィークを機に一緒に盛り上がってはいかがでしょうか?

ちなみに来週もUSJでの男たちの修学旅行は続きますよ!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ スポット テレビ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る