テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

ザ・たっちが最新簡単ダイエットに挑戦!体重はどれだけ減ったのか?

読了までの目安時間:約 11分

 



今日放送された「主治医が見つかる診療所」で、最新最強のダイエット方法が紹介されました。

安全で簡単・長続きする上に痩せやすい体を作るダイエット方法が紹介されましたよ。

番組で不摂生を取っていて、番組主治医からも「がんになる可能性が高い」「10年後まで生きてるかどうか楽しみ」と言われるほどだったザ・たっちの双子が、新ダイエットに10日間挑戦しました!

果たしてその結果はどうなったのでしょうか。

ザ・たっちの現在の状態

兄・たくやさん:73.1kg・体脂肪率32.8%・BMI32.1

弟・かずやさん:73.3kg・体脂肪率32.9%・BMI32.1

アメリカ並みの肥満と言われました。

wp-1462802824914.jpeg
大腸がんや糖尿病などの危険性もあり、長生きは難しいと番組主治医のコメントがありました。

1.なんでも食べられる!8:16時間ダイエット

Sponsored Link



決まった時間内であれば何でも食べられ、胃腸の働きを自然に元気にしてくれるダイエット方法です。

福岡のかたやま脳外科内科クリニックの片山先生が教えてくれました。

片山先生は、数年前は80キロ越えという肥満体型で、最初は糖質制限でやせたもののリバウンドをしてしまったんです。

そこで出会ったのがこの8:16時間ダイエット

このダイエット方法のおかげで、10kgの減量に成功し、リバウンドもしていないんですよ。

方法

24時間を8時間と16時間に分けて、8時間の間に食べることを終わらせるというものです。

8時間の間は何を食べても良いんですよ。

例えば8時に食事を採ったら、その日に食べられるのは夕方16時までということになります。

基本的には8時間の間なら何でも飲食OKなんですが、さすがに食事の回数を極端に増やしたり、ずっと食べ続けるという暴飲暴食をするのはNGなので注意してくださいね。

ポイントは、何も食べない16時間。

働きっぱなしだった胃腸を休ませることで、消化活動が良くなって、代謝がアップするんだそうです。

これはアメリカで研究実験が行われて話題になっているんですよ。

ちなみに、いきなり食べない時間を16時間にするのではなく、食べない時間を少しずつ伸ばすだけでも効果が表れて、最終的に8:16になればより効果的になるんですよ。

こちらのダイエット方法は、かずやさんが挑戦しました。

空腹感をしのぐためにバターコーヒー

wp-1462802820989.jpeg
8:16で心配なのは、始める時間によっては朝食抜きになりイライラしやすくなることです。

そこで空腹感をしのげるものとして、バターコーヒーというのがあります。

コーヒーに、無塩バターを小さじ2杯ほど入れたもので、脂肪分が空腹感を抑えるんです。

1日2~3杯までなら飲んでも大丈夫なんですよ。

結果

体重:71.1kg(-2.2kg)

体脂肪率:31.6%(-1.3%)

中性脂肪:142→80

他にも悪玉コレステロールと善玉コレステロール値が標準値になっていました。

wp-1462802816954.jpeg

2.脂OK!ゆるっと糖質制限・ローカーボダイエット

愛知県の名古屋逓信病院の中村先生が紹介してくれました。

一週間で体重が大幅に減り、3か月で10kgもの減量に成功した実例もあるんですよ。

糖尿病や高血圧予防として進めているダイエット方法で、全国各地でも、この方法を勧める病院が増えています。

方法

単純に炭水化物の摂取量を低くするものです。ある程度糖質をとっても良いという緩やかな糖質制限ですね。

OK食材は、主に肉類・魚介類・海藻・大豆・キノコ・卵。

さらに驚くべきは、から揚げや油炒めも積極的に採ってOKなところです!

ローカーボは、炭水化物を減らす代わりにカロリーを補わなければならないんですね。

そのために、脂肪を摂取するのを推奨しているんです。

脂肪分は細胞やホルモンの材料になったりエネルギー源になる大事な栄養素です。

糖質を減らす代わりに、動物性・植物性・魚の脂をバランスよく積極的に摂取するのが大事なんですね。

ここで注意すべきは、揚げ物を食べる場合です。

衣のパン粉や小麦粉は炭水化物なので、素揚げか衣の薄いから揚げが推奨されます。

こちらの方法は、たくやさんが挑戦しました。2食は糖質制限、1食は自由に食べられるという方法を取ってもらいました。

結果

体重:70.1kg(-3kg)

体脂肪率:30.8%(-2%)

中性脂肪:140→76

たくやさんの場合は、悪玉コレステロールがちょっと上がって、善玉コレステロールは下がってしまいました。

wp-1462802810997.jpeg
これは、動物系の脂肪を取り過ぎた結果の変動なので、バランスよく動物系・植物系・魚の脂をとることを心掛けることが大事なんですね。

3.健康的に痩せられるスーパー和食

Sponsored Link



昭和50年ごろに一般家庭でとられていた食事を取る食事療法系のダイエットです。

紹介してくれたのは、東北大学の都築博士。

都築博士の研究チームが、昭和35年~平成17年までの間の平均的な家庭料理と日本人の平均体重の関係を調べた結果、最も肥満予防に効果がある食事が、昭和50年だったんです。

wp-1462802802385.jpeg

博士によると、この時代の食事こそ、食べるだけでダイエットにつながらるスーパー和食だというのです。

また、マウスに各年代の食事を与えた所、昭和50年の食事が一番肥満になる確率が低かったという結果が出ているんですよ。

wp-1462802797930.jpeg

具体的にどんなもの?

実際に博士が食べている食事を見せてもらうと、ぶり大根・マカロニサラダ・モズク酢・ご飯・味噌汁という献立になっていました。

wp-1462802794291.jpeg
いわゆる一汁三菜ですね。

ぶり大根の魚料理は、当時はほぼ毎日魚を食べていたんですね。

調理方法にもポイントがあり、生か煮るのが良いんです。

フライなどにして他の油が入ってしまうと、魚に含まれている本来の脂の良さが弱まってしまうんです。

青魚にはオメガ3脂肪酸が多く含まれているので、この脂を残しつつ、余分な脂を落としてくれる煮物がおすすめなんですよ。

マカロニサラダの場合は卵がポイント。

卵には良質なたんぱく質やビタミンなどの他、カルシウムなどのミネラルが豊富なんですよ。

モズク酢は水溶性食物繊維が豊富な食材です。

味噌汁の味噌は大豆を発酵させることによってできる体にいい成分が吸収されやすくなっているんですよ。

ちょい足しするだけでスーパー和食に変えられる3つの食材

現代の食事に足りないのは、手のひらに乗るほどの魚(小魚系)・海藻類・根菜類の3つ。

そこで、小魚を干物などで取ったり、わかめの酢の物やきんぴらごぼうをちょい足しすることで、いつもの食事がスーパー和食になるんですよ。

4.筋膜リリース

たるんだおなかを引き締めて、痩せやすい体を作るエクササイズです。

ストレッチで筋肉を伸ばしてほぐすことで、運動能力が高まり代謝もアップします。

近年それぞれの筋肉を伸ばすだけでなく全身を伸ばすことが大事だということが分かってきました。

筋膜とは?

一言で言えば、筋肉を覆っている膜のことです。

ですが、筋肉を覆うだけでなく、中にある筋線維も1本1本覆っていて、1つの筋肉をボディースーツのように覆っている、「第2の骨格」とも呼ばれている重要な組織なんですよ。

もし筋膜が無ければ、支えがなくなるので、筋肉はバラバラになっちゃうんです。

筋膜は普段の癖でこわばってしまい、体の動きがが悪くなってしまうんです。

こわばってしまった筋膜はダイエットの妨げになります。

そこで、全身を使って筋膜をリリースすることによって、体を動きやすくして代謝をアップさせるんです。

筋膜リリースのやり方

1.肩・背中・もも裏の筋膜を伸ばす

まず、両足を浮かせずに、体をL字に曲げて両手を伸ばしていきます。

その体勢のまま、30秒キープしてください。

wp-1462802783844.jpeg
このストレッチは、肩・背中・もも裏の筋膜を伸ばすもので、この3か所には大きな筋肉が集中しているんです。

ここが動きやすくなることで、代謝がアップするんですよ。

この動きを1回30秒で1日3セット。

慣れてきたら、90秒を3セットにしてみましょう。

2.体をひねって筋膜を伸ばす

右足と左手を前に出し、右足ひざは曲げておきます。

wp-1462802776659.jpeg
右手を斜め前にしっかり伸ばして、30秒キープ。

wp-1462802771268.jpeg
そのまま体を右に90度回し30秒キープしてください。

wp-1462802768889.jpeg
左も同じようにして、これを1日3セットずつしましょう。

 

次は、リリースをした後にすると効果的なエクササイズです。

3.肩甲骨をストレッチしながら鍛える

右手の肘を直角に曲げて頭の後ろに持っていき、左手は腰の後ろに持っていきます。

wp-1462803157416.jpeg
両方の肘を中央に寄せて5秒キープします。

wp-1462803153478.jpeg
反対側も同様に行いましょう。

ここでのポイントは、決して無理をせず、気持ちいい所でキープすることです。

左右10回を1日3回程度から始めると良いですよ。

4.たるんだおなかを引き締めるエクササイズ

両膝を立てて仰向けに寝ます。

wp-1462803125992.jpeg
おなかをパンツのゴムから離す感覚で引き込みます。

wp-1462803123174.jpeg
肩甲骨を浮かせてひざ頭を触り、5秒キープします。

wp-1462803119729.jpeg
無理のない範囲の回数でするのがポイントですよ。

やっていくうちに慣れてきたら、どんどん回数を増やしてみましょう。

 

今回紹介されたダイエット方法は、明日からでも始められそうなものばかりでしたね。

ですが、結局は長続きさせなければ意味がありません。

この中から、あなたの生活スタイルや体調に合ったダイエット方法を見つけて、ダイエットに励んでくださいね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ 健康   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る