テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【家事えもん】トマトを使った絶品サラダ&スイーツレシピ!【まとめ】

読了までの目安時間:約 5分

 



今日の「得する人損する人」の掛け算レシピでは、子供が嫌いな食材・第3位にあるトマトを使った料理が紹介されました!

野菜嫌いな子供もモリモリ食べられる得ワザが披露されましたよ!

トマトはこれから旬を迎えるので、おいしく味わっちゃいましょう。

それでは、そのレシピを見ていきましょう。

トマト×マヨネーズ=おかずになるサラダ

Sponsored Link



ご飯のお供にもちょうどいいレシピです。



サラダ炒め

wp-1464261711006.jpeg
<材料(3~4人前)>
  • トマト…1個
  • キュウリ…1本
  • レタス…150g
  • 豚バラ肉…100g
  • 卵…3個
  • カツオだし…小さじ2分の1
  • マヨネーズ…大さじ4
  • 胡椒…少々
  • 塩…少々
<作り方>
  1. トマトは6つ切り・レタスは手でちぎり水を切っておく
  2. キュウリは皮をシマ模様にピーラーで剥き、縦に半分に切ったキュウリの種をティースプーンで取り出し、1㎝程度の厚さに斜め切りにする。
  3. 卵・マヨネーズ・胡椒を混ぜ合わせる
  4. 豚バラ肉を塩コショウで炒め、火が通ったら混ぜ合わせた卵を入れる(優しく混ぜるとフワフワ食感に)
  5. 火が通ったら、豚肉と卵を一度フライパンから出す
  6. キュウリとトマトをマヨネーズと一緒に、さっと軽く炒めていく
  7. 先ほど炒めた肉と玉子を入れて、マヨネーズと和風だしで味付けする
  8. レタスを加えてサッと火を通せば完成

キュウリは皮をむいて種を取れば青臭さがカットされ、シャキシャキ食感に!

青臭い匂いは皮に多く含まれるので、皮をむくと軽減されるんです。

また、水分の多い種を取ることでシャキシャキ食感も出るんですよ。

種を取る際は、ティースプーンなどでこそぎ落としましょう。

wp-1464261721455.jpeg
ちなみに、種はドレッシングになるんですよ。

<キュウリドレッシング>
  • キュウリのタネ…
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 酢…大さじ2分の1
  • 麺つゆ…大さじ2分の1
  • 塩…少々
  • 粗びき胡椒…少々

材料を混ぜ合わせればOK!

子供が嫌いな野菜は炒めるだけで甘味がアップし、マヨネーズで青臭さ解消!

特にトマトは炒めることによって、酸味が飛んでうまみ成分のグルタミン酸がアップして甘味が出るんですよ。

油には匂いを吸収する働きがあり、野菜独特の青臭さが抑えられ、マヨネーズのおかげでまろやかさも出るんです。

プチトマト×アイス=プチトマトピノ

Sponsored Link



親子で作って楽しい&食べておいしい、栄養満点&低カロリーな新食感スイーツです!

プチトマトピノ

wp-1464261699967.jpeg
<材料(1人前)>
  • プチトマト…6個
  • バニラ…3分の1個
  • 抹茶…3分の1個
  • チョコレート…3分の1個
  • 練乳…適量(お好みで)

<作り方>
  1. プチトマトの頭を切り、お尻も切って立ちやすくするwp-1464261703668.jpeg
  2. トマトの中身を取る
  3. プチトマトの中にアイスを入れる
  4. 1時間ほど冷凍する
  5. 最後にお好みで練乳をかければ完成

プチトマトは冷凍すると甘味がアップして食感も変わる!

トマトの甘味成分にフルクトースというのがあるんですが、その成分は低温になるほど甘く感じられる性質があるんです。

そのため、アイスとの相性も抜群で、パリッとした食感の一口スイーツになるんですよ。

トマトの程よい甘さが出てて、すごく食べやすくなるんです。

ちなみに、くりぬかれた中身は、キュウリドレッシングと同様の材料と混ぜ合わせればドレッシングになりますよ。

 

プチトマトピノ、ちょっと試したくなっちゃいましたね!

これから暑くなる季節ですし、ちょうどいいレシピだと思います!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ レシピ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る