テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【沸騰ワード10】今話題の沸騰島・天売島!海外からの旅行者も多い注目の島【まとめ】

読了までの目安時間:約 5分

 



今日放送された「沸騰ワード10」で、現在海外からも注目されいている沸騰島・天売島(てうりとう)のことが紹介されていました。

天売島は北海道にある島で、雑誌「尋ね歩くべき日本の「秘島」7選」に選ばれた島なんですよ。

雑誌によると「知名度はそれほどじゃないけど世界的に有名」「地面はボコボコの穴だらけで遺跡の発掘現場のよう」という評価が。

果たしてどのような島だったのか、早速見てみましょう。

基本情報

Sponsored Link



東京から天売島までは、羽田から1時間30分ほどで新千歳空港へ行き、3時間ほど高速バスで羽幌(はぼろ)町へ向かいます。

そこからフェリーで1時間かけて天売島へ到着です。

そんなに標高の高くない島で、人口は320人。

小中学校合わせての生徒は16人で、高校生だと5人しかいないんですよ。

島の周囲は11.6kmあり、河口湖よりも小さな面積なんですよ。

おもな産業は漁業。

今はヤリイカが獲れるほか、6月からはウニが解禁されて、自称日本一の味を謳っています。

何が有名なのか

天売島には、オロロンという30羽しかいない天売島固有の鳥がいるんです。

wp-1464350302699.jpeg
また、5月~8月までは海鳥が100万羽も集まり繁殖するので、海外からもバードウォッチャーが集まるんです。

年間に来る観光客は約1万5千人ほどなんですよ!

 

 

 

 

 

島の雰囲気をつかむために展望台へ上がると、高さ100mを超す断崖絶壁が。

wp-1464350296952.jpeg
この崖が外敵から身を守り巣を作るのにぴったりなんですね。

 

 

 

 

オロロン鳥の生息地・赤岩

Sponsored Link



オロロン鳥は、赤岩という海にそびえる大きな岩の対岸の崖の穴に生息していて、船で海に出る方が目撃できる可能性が高いんです。

そこで船に乗って、巣へ向かいました。

断崖の所に大きな横穴があり、そこにオロロン鳥がいるのがわかります。

wp-1464350278725.jpeg
 

 

 

 

 

分かりますが…実は穴の中いるこのオロロンが鳥は模型なんです。

wp-1464350274107.jpeg
50年前、オロロン鳥は8千羽が生息してたんですが、漁業の網にかかっちゃうなどの被害に遭い、一時期20羽までに減少してしまったんです。

そこで、模型を置いた所、それを仲間だと思ったオロロン鳥が見事集まって繁殖し、30羽にまで回復したんですよ!

オロロン鳥は基本的に中々本物に会うことができないというレアな鳥なんですが、この時は、群れを成して飛ぶオロロンの姿や海面で羽を休めるオロロン鳥の姿が見られるというレアな場面に会えました!

wp-1464350269727.jpeg
 

 

 

 

 

ウトウの帰宅ラッシュ

赤岩を臨む展望台がある地区には、無数の穴がそこかしこに開いているんです。

wp-1464350290236.jpeg
 

 

 

 

 

 

まるで遺跡の発掘現場のように開きまくっているこの穴は、ウトウという海鳥の巣なんです。

wp-1464350283528.jpeg
このウトウの繁殖地は、世界最大規模の繁殖地なんですって。

また、夕暮れ時にはウトウの帰宅ラッシュが見られ、天売島の名物の1つにもなっているんですよ。

 

日が暮れ始め、取材スタッフが赤岩展望台へ行くと、島が騒がしくなりはじめます。

すると空一面にウトウが飛ぶ様子が見られるんです。

wp-1464350265916.jpeg
その数は40万羽!

帰宅すると穴を掘って巣穴へ入っていきました。

 

ここ最近人気沸騰している天売島は、海鳥の楽園だったんですね。

オロロン鳥が順調に繁殖して、生息数が増えると良いですね。

それでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ スポット テレビ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る