テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【アンビリーバボー】1匹の犬がホームレスを救った奇跡の話に、ゲストも感動【まとめ】

読了までの目安時間:約 8分

 



今日放送された「アンビリーバボー」にて、どん底の人生を送っていた孤独なホームレスが1匹の犬と出会うことから起こった奇跡の物語が紹介されました。

舞台はイギリスのロンドン。

その奇跡に出演者の誰もが驚きました。

どのような奇跡の物語が展開したのか、見てみましょう。

出会い

Sponsored Link



イギリスの首都ロンドンには、様々な理由でホームレスとなっている人たちが多いんです。

今回の主人公・39歳のジョン・ドーランさんもその1人でした。

ジョンさんの路上生活は20年。

幼い頃親に捨てられ、引き取ってくれた祖父からも虐待を受けていました。

ドラッグにおぼれ、まともな仕事に就けず、刑務所暮らしもする前科持ちという悪循環。

さらに、ホームレス仲間にも「厄介者」と言われ、なじめずにいました。

 

居場所も無ければ頼る家族も友人もいない。

生きる希望もないどん底人生でした。

 

そんなジョンさんは、自治体が提供するホームレスの簡易住居に入ることができたんですが、同じ施設で暮らすベッキーさんからジョージという名の1匹の犬を押し付けられたんです。

これがジョンさんとジョージの出会いでした。

厄介者だった犬が相棒になるまで

Sponsored Link



ジョージは、出会ったときは3歳だったスタッフォードシャー・ブルテリアという犬種でした。

出会った当初のジョージは、ジョンさんの言うことをまったく聞かず、留守番をさせれば部屋中を荒らしまわり、散歩に出かければお金を恵んでくれそうな人にも吠えて威嚇してしまうという厄介者だったんです。

 

ある日、ジョージを譲ってくれという女性が現れ、10か月分の生活費に相当するほどの金額を支払われたことがありました。

「これで厄介者とおさらばできる」と思い、喜んでジョージを売ったジョンさんですが、祖父やホームレスから「厄介者」とさげすまれ続けていたことや、追い払っても戻ってきてくれたことを思い出して、女性に売ることをやめたんです。

ジョンさんは「大人の勝手で振り回された子供の頃の自分と重なり、自分も同じことをしてると気づいた」

「ジョージにふさわしい飼い主になろうとしたのは、あの時からです」と振り返っていました。

この日から、ジョージはジョンさんの「家族」となったんですね。

生まれ変わるための挑戦

ジョージにふさわしい飼い主になるために、まずは身だしなみから変えることにしました。

古着を譲ってもらい、ボロ着とはおさらばしてまともな格好になることができました。

そして、長年断ち切ることができなかったドラッグを断ち切る決意をし、更生プログラムも受け始めました。

生まれて初めての就職活動も。

ですが、何軒回っても就職活動は上手くいきません。

 

 

ある日、物乞いをするために街へ向かっていたら、ジョージがジョンさんをある場所へ導きました。

そこには、路上で絵を売るストリート・アーティストが。

実は、成績が優秀ではなくても唯一褒められたのは、絵を描くことだったジョンさん。

まるでジョージがジョンさんに絵を描くように勧めていると感じ、「こんな俺でもできることがあるってか?」と問いかけます。

 

「つべこべ言わずやれってか?」

「…わかったよ!」

成功への道のり

Sponsored Link



それから、ジョンさんは来る日も来る日も絵を描き続けました。

街の景色をひたすらスケッチ。

ですが、素人の絵が簡単に売れるわけがなく、3か月経っても売れませんでした。

 

それでも描き続けるジョンさんの姿は馴染みの光景となり、写真に撮られるほどにも。

そして冬のある日、愛嬌たっぷりのジョージの姿が街の話題になって、写真を撮る人が次々訪れるように。

そこでふとジョンさんは、ジョージのスケッチを始めたんです。

そしてこのことが、思いがけない転機になります。

 

ある日、ジョンさんが描いたジョージの絵が売れたんです!

ジョンさんが初めて稼げた瞬間でした。

 

それ以降、ジョンさんが描いたジョージの絵は、少しずつ売れ始めます。

そして、路上で絵を描いては売る生活が5年ほど続いたある日、ロンドンの有名アーティストのシティズン・ケーンさんと出会います。

そこでジョンさんはシティズンさんに、今ロンドンで活躍しているアーティストを集めて展覧会を開く予定で、ジョンさんにも参加してもらえないかと頼まれたんですね。

ジョージの絵の話題性もそうだったのですが、とても精巧な画風の風景画を描くジョンさんを、シティズンさんはスカウトしたんです。

 

そして、2013年9月、ジョンさんにとって初めての展覧会が開かれました。

参加したのは著名なアーティストばかりで、展覧会は大きな評判を呼び、多くの客を呼び寄せました。

でも、その中でも1番の売り上げを記録したのは、ジョンさんでした。

 

出品された彼の絵は全て完売で、300万円以上の売り上げを記録したんです!

新人としては前例のない驚異の金額でした。

 

それ以降、パリやサンフランシスコでも個展を開き、4千点以上の作品を売り続けています。

人生のどん底にいたホームレスが、アーティストに生まれ変わったんですね!

 

今の成功をジョンさんはこう振り返ります。

「ジョージがいなかったら今頃自分は刑務所の中です」

「どんなに人生が絶望的に見えても、希望はいつもそばにあると気づかせてくれた」

「ジョージは最高のパートナーです」

現在

ジョンさんは今も、ロンドンでジョージと一緒に路上で絵を描いています。

やっぱり原点はストリートからなので、アパートを借りられた今も路上で描いているんですって。

ジョンさん曰く、その方が落ち着くし、インスピレーションも湧くとのこと。

 

そして最近、大きな変化があったんです。

ジョンさんには兄弟がいるんですが、警察に厄介になってた頃は会えなかったんですね。

ですが、アーティストとして活躍できるようになって、初めて個展に呼べたそうなんです!

家族と繋がれるようになったのもジョージのおかげだと、ジョンさんはコメントしていました。

 

 

本当人生何が起こるかわからないですよね。

それにしても、ジョンさんの絵は、小学生並みの感想でアレなんですが、確かに上手かったです。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る