テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【イッテQ】お祭り男がカエルと共闘!?宮川の結果やいかに!【まとめ】

読了までの目安時間:約 5分

 



今日放送された「イッテQ」にて、「お祭り男宮川」のコーナーが放送されました。

今回はアメリカの「カエル祭り」。

年を追うごとに爬虫類・両生類系が苦手となってきてると言う宮川さんですが、はたして大丈夫だったのでしょうか?

それでは、見てみましょう。

カエル祭りとは?

Sponsored Link



祭りが行われるのは、エンジェルス・キャンプという小さな町。

実行委員のボブさんによると、カエルのおかげで発展した町なんだそう。

「トム・ソーヤの冒険」で有名なマーク・トゥエインの作品「その名も高きキャラベラス郡の跳び蛙」の舞台にもなった場所なんですよ。

 

カエル祭りとは、制限時間1分の間で、自分のカエルを三段跳びでどれだけ遠くに飛ばせるか、という祭りなんです。

2日間かけて予選が行われ、上位50組が決勝進出するんです。

人間1人につき、6匹までのエントリーが可能。

世界記録は6.5mなんですって。

優勝すれば、街のメインストリートにその名が刻まれます。

 

ちなみにカエルは、レンタルもできますが、自分で捕獲したものの方がいきが良いのでよく飛ぶんです。

そこで、捕まえに行くことになりました。

カエル捕獲

捕獲のために立ち寄った池は、水が死んでましたw

準備をして間もなく、水草が浮く池で1匹を捕まえることができましたが、そこから1時間はカエルが見つからず、ボブさんから2匹カエルを借りることとなりました。

宮川さんが捕まえたカエルをガマ夫、レンタルの2匹をピョン吉・ケロ助と呼ぶことにし、練習開始です。

上位に入るには最低3.5m。

どのカエルも3m前後飛ぶ実力があったので、どれか1匹決勝に進めそうな予感はしました。

祭り予選当日

Sponsored Link



そして予選が始まりました!

単に祭りを楽しむ者やガチの者など、様々な戦いが繰り広げられます。

今回宮川さんが乗り越えなければならない壁は、過去4度優勝を飾るキッチェルさん一族。

予選では次男のカエルが5m41cmという記録を出し、長男のカエルは4m24cmを記録するという猛者っぷり。

 

そして宮川さんの番。

最初は大人しいピョン吉。

2回目のジャンプが短く、2m25cm。

予選突破は難しいですね…。

 

次はケロ助。

宮川さんが低い体勢で追いかけてジャンプを伸ばし、3m79cmの記録を出してくれました!

 

ですが今年のレベルは高く、3.5m超えのカエルが続々登場。

決勝進出最低ラインは3m93cmとなり、ケロ助も予選敗退が決定となりました。

 

そして最後は、宮川さんが捕まえたガマ夫。

距離は伸びず2m97cm。

残念ながら予選敗退です…。

ちなみに、優勝したのはキッチェル一族の嫁で、6m17cmもの記録を叩き出しました。

そして、宮川さんはガマ夫を地元の川に返してこのコーナーは終了しました。

 

宮川さん曰く、今回の敗因は、いつも祭り本番が始まる前のインタビューVTRの収録の際に、カエルたちを大人しくさせるために、スタッフが冷たい水に少しだけカエルを付けたことらしいです。

冷たい水に触れさせられたことで、ちょっとした冬眠状態になっていたとか、なっていなかったとか…。

 

まさかの理由で予選敗退とは…。

それにしても、本当世界にはいろんな祭りがありますね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る