テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【ぶっちゃけ寺】伊勢神宮の凄い所を紹介!おすすめの参拝スポットも【外宮編・まとめ】

読了までの目安時間:約 8分

 



今日久しぶりに「ぶっちゃけ寺」が放送されましたね!

今回は3時間スペシャル。

今年サミットでも注目された三重県は伊勢にある「伊勢神宮」の魅力がたっぷりと紹介されました。

サミットが行われたことによって、世界中から注目され、さらに訪れる人が増えてきた伊勢神宮。

今最も旬なスポットから、特別に入らせてもらった貴重な場所まで、お坊さんと一緒にめぐります。

その神秘的な体験に、お坊さんも涙…。

日本人の心のふるさと・伊勢神宮…どのような内容だったのでしょうか。

それでは、見てみましょう。

こちらでは外宮を中心にまとめています。

 

河合先生やお坊さんが教える、歴史から見る伊勢神宮の凄さ

Sponsored Link



日本国民の総氏神であり皇祖神と言われている天照大神を祀る神社・伊勢神宮。

江戸時代にはお伊勢参りのブームが爆発的に起こり、6人に1人が行くほどの人気だったんですよ。

また、個人的なお願いをすべきではない場所と言われるほど格式高い神社でもあります。

 

伊勢神宮基本情報

伊勢神宮があるのは、三重県伊勢市。

創建はおよそ2,000年前。

太陽神天照を祀る内宮と、そこから5km離れた外宮を参拝するのが「お伊勢参り」。

江戸時代のブームから、多くの日本人の信仰の対象となっているんですよ。

今でも年間800万人以上が参拝に訪れ、行って良かった神社仏閣ランキングでも堂々の1位となっています。

また、伊勢参りは内宮と外宮の両宮のお参りが一般的ですが、実は伊勢神宮は125のお社があるんです。

敷地の総面積は東京ドーム1,200個分…世田谷区ぐらいの広さがあるんですって。

 

外宮

Sponsored Link



お伊勢参りは、外宮を参って内宮に向かうのが正しい道順となっています。

外宮までは、伊勢市駅から歩いて5分のところにあります。

外宮は今から1,500年前に創建されたんですよ。

 

外宮の凄さ

外宮に祀られているのは、豊受大御神(とようけのおおみかみ)という衣食住の神様なんです。

天照のお食事係としての役割を担っています。

外宮にある御饌殿(みけでん)というのは、天照の食堂なんですって。

お伊勢参りは、外宮で元気をもらって内宮で感謝を伝えるという気持ちで行えばいいとされています。

 

何故内宮から5kmも離れた所に外宮があるの?

内宮と外宮は5kmもの距離があって、その距離の理由の1つに五十鈴川と宮川という2つの川があります。

古くから川のある所には神社があることが多いのですが、内宮も外宮も同じように川の近くに建てられたんです。

というのも、この2つの川は氾濫を起こすこともあったので、それを治めるために建てたという理由があるんです。

元々、水害や火災から守るために神社が作られることが多かったんですね。

 

参道には清らかな心で参拝できる工夫が

外宮に入るには火除橋(ひよけばし)を渡るのですが、橋のそばには「下乗(げじょう)」という立札が立っています。

これは、「ここから先は車(昔なら馬)を乗り入れてはいけません」という意味があって、身分の高い人も乗り物は禁止とされていました。

また、武人が甲冑を付けていたとしても、甲冑を取り外す必要もありました。

自分の足でしっかりと参道を歩くのが、心を鎮めるためのマナーだったんですね。

また、日本人ならではの参拝の決まりがあり、それは橋の中央にある看板から見受けられます。

その看板には「ここでは左側通行」と書かれています。

伊勢神宮では、外宮は左側、内宮では右側通行が作法とされています。

神道の教えでは「遠慮して神様に近づきましょう」というのがあり、外宮の場合、左側通行だと豊受大神がいる正宮まで遠回りになるんです。

遠回りして謙虚な気持ちで心を清めるようにしてるんですね。

 

おすすめスポット

正宮に向かう前に左の参道を歩いた先にあるこの亀石。

wp-1465816244254.jpeg
何気なく通ってると見落としがちなスポットですが、これがある有名な神話に登場するんです。

それは、天照がスサノオの乱暴狼藉に困って洞窟に閉じこもる天岩戸という話があるんですが、天照が閉じこもる際に洞窟をふさいだ岩がこの亀石だという伝承があるんですって。

さらにこの奥には別宮が3つあり、その中でも「風宮」というところには、元寇から日本を2度救った神風伝説を持つ神様がいるんですよ。

また、この風宮は昭和34年の伊勢湾台風で被害を受けたんですが、他の宮にはそれほど被害が無かったことがあり、「台風の被害を風宮が一身に受けた!」と、伊勢の人は考えているんですよ。

 

 

正宮

wp-1465816227415.jpeg
正宮には、「とばり」というカーテンのようなものがあり、中を見ることができませんが、今回特別に内部の図面を見せてもらっていました。

 

 

 

 

内部はこんな感じとなっています。

wp-1465816219165.jpeg
豊受大神は、4つの壁の向こうにある正殿にいて、そこには天皇皇后両陛下のみ参拝することができるんです。

 

 

日別朝夕大御饌祭

毎日2回、正宮にある御饌殿にて、天照に食事をささげる儀式です。

奈良時代以前から続く伝統行事なんですよ。

その食材は全て自給自足で、お供え物の塩も海水から自分たちで取っているんですよ。

 

神秘的な出来事が

wp-1465816214812.jpeg
太田さんたちが参拝する際に、ある神秘的な出来事が起こりました。

偶然かもしれないのですが、風が吹いてとばりが上がったんです。

この出来事には太田さんたちも感動。

もしかしたら、私たちにもこういう出来事があるかもしれませんね。

 

せんぐう館

Sponsored Link



外宮入り口わきに開館したスポットで、正宮の秘密がわかる展示物があるんですよ。

実際に使われた正殿の御扉や、御饌殿にてささげられる神様の食事の模型など、普通は見ることのできない展示物を見ることができるんですよ。

また、メインスポットには外宮正宮の全貌が分かる20分の1サイズのジオラマ模型があり、原寸大の正殿の模型もあるんですよ。

ちなみにこの模型、本物を作った宮大工さんが同じ素材で再現したものなんですよ。

また、この模型には、宮大工さんがこの模型を作る際に専用の大工道具を作ったという裏話があるんです。

 

勾玉池

せんぐう館の近くにある池で、舞や神楽が行われる舞台があるんですよ。

そこでは一般から募集した俳句や和歌を発表するイベントなどが行われます。

 

【ぶっちゃけ寺】伊勢神宮の凄い所を紹介!おすすめの参拝スポットも【内宮編・まとめ】

【ぶっちゃけ寺】伊勢神宮の凄い所を紹介!おすすめの参拝スポットも【その他編・まとめ】

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ スポット テレビ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る