テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

サイドビジネスで思わぬ成功!どうやって本業を追い抜いた?【所さんのそこんトコロ・まとめ】

読了までの目安時間:約 9分

 


今日放送された「所さんのそこんトコロ」で、本業を追い越したサイドビジネスが紹介されました。

 

最初はこの商品をメインにしていたのに、ふと副業のように始めたものがメインの売り上げを追い越した!

 

そんなビジネスが続々登場しました。

まったくメインの商品と関連のないサイドビジネスや、あることがきっかけで展開をしたところ思いのほかヒットしたサイドビジネスまで様々でしたよ。

 

どんな成功があったのか、見てみましょう。


Sponsored Link



 

 

電子部品工場なのに生キャラメル!(向山製作所)

wp-1469795874258.jpg
 

この工場は、電子部品を製造しているのですが、製造の傍ら1日に約1万個もの生キャラメルを製造しています。

福島県を中心に、7店舗で販売されているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

他にも、キャラメルシュークリームや、

 

wp-1469795869580.jpg
 

 

 

 

 

 

 

キャラメルソースをかけて食べる生キャラメルソースプリンなども作っているんですよ。

 

wp-1469795840235.jpg
 

 

 

さらに、この生キャラメルは海外でも大絶賛で、2012年からパリで開催されている「サロン・デュ・ショコラ」に4年連続で出店して連日完売しているほどなんです!

 

今では電子部品の売り上げを追い抜く勢いなんですって。

 

 

何故生キャラメルを?

 

wp-1469795835379.jpg
 

ここの製作所の社長には、お菓子作りの夢があったんです。

その考えに合わせて社員も作っているんですって。

 

社長曰く、東京に出張で行ったら、様々な地方からスイーツが集まる東京の大スイーツぶりを見て「スイーツは地方からも東京に発信できるツールなのか」と思ったらしく、キャラメルづくりを思い立ったのだとか。

 

最初提案した時は反対されたそうなんですが、いざ作り始めたら様々な条件がそろって成功したんです!

 

 
成功の条件①工場の施設
生キャラメルづくりに一番大事なのは徹底した温度管理なんですね。

室温が高くても低くても品質が落ちてしまうデリケートなスイーツなんです。

 

wp-1469795831911.jpg
 

 

 

 

 

 

その温度管理に役立ったのが、工場にあるクリーンルーム

wp-1469795828960.jpg
 

この部屋のシステムは、機械の故障や誤作動を防ぐために、温度や湿度を一定に保つことができるんです。

 

このシステムを利用することで、正確な数値を編み出すことができ、生キャラメルの絶妙な食感を生み出すこともできたんですね。

 
成功の条件②女性従業員
向山製作所は、女性従業員が多いんですね。

商品を出すごとに必ず試食会が開かれるんですが、味覚が敏感でスイーツの消費者としても厳しい女性ならではの視点を取り入れることができるんです。

 

さらに、「電子部品製造はわずかな誤差が許されない」ということから、製造で培われた几帳面さも、上質な生キャラメル制作に役だったんですね。

 

 

公式サイト

 

 

<ショップ情報>

郡山表参道カフェ(福島県郡山市中町7-14 おのやビル 1F)

 

エスパル福島店(福島県福島市栄町1-1 エスパル福島店 1F)

 

工場直売(福島県安達郡大玉村大山字縫戸94)

 

ハエとり紙工場なのにマスキングテープ(カモ井加工紙)

Sponsored Link





wp-1469795805625.jpg
 

昔よく見た天井からぶら下げるタイプのハエ取り紙。

殺虫剤が使えない牛舎などで今でも活躍しているのですが、でもやっぱり私たちの普段使いにはなっていないですよね。

 

そこで、こちらのメーカーでは、日本で初のマスキングテープを制作したんです。

 

元々、マスキングテープは車の塗装など、作業箇所以外を汚さないための保護テープだったんです。

カモ井加工紙でも、ハエ取り紙の粘着力を活かして工業用にマスキングテープを作っていました。

 

何故マスキングテープを装飾用に?

マスキングテープの用途を、保護テープから装飾用のテープに変えたのは、お客さんから送られてきたノートがきっかけだったんです。

 

wp-1469795803074.jpg
 

 

そこに書かれていたのは

 

「マスキングテープは紙で出来ているから文字が書ける!」

 

「予定ごとに色分けして手帳に貼れるので便利!」

 

「もっとたくさんの色付きテープを作ってください♡」

 

というものでした。

 

 

wp-1469795800566.jpg
 

工業用のマスキングテープを文房具として使用していたんですね。

 

 

 

 

最初は色を増やしたところで本当に売れるのか…と半信半疑でしたが、試しに「ダメで元々」と軽い気持ちで2008年に日本初の20色の文具用マスキングテープを発売したんです。

 

wp-1469795798149.jpg
 

すると、若い女性を中心に大ヒット!

 

さらに、女性受けしそうな可愛らしい柄を取り入れたマスキングテープを販売したところ、一気に本業だったハエ取り紙の売り上げを上回ったんですって!

 

今では1,200種類以上にも広がっているんですよ。

 

しっかりと貼れるうえに、のりが残ることなく簡単にはがせるのが、人気の秘密だったんですね。

 

回転寿司店なのにサイドメニューが人気(くら寿司)

Sponsored Link




wp-1469796813242.jpg
 

1984年に大阪で開業してから全国的に広がったくら寿司。

昨年では過去最高の1,053億円を記録したほどなんですよ。

 

ですが、多くのお客さんはお寿司を食べにくら寿司へ来ているわけじゃないんです。

じゃぁなにが目的なのかというと、ラーメンやうどんといったサイドメニューが人気なんです。

 

今では寿司メニューが80種類に対し、サイドメニューは60種類もあるんですよ。

 

中でも昨年大ヒットしたのが、カレー。

 

wp-1469796804789.jpg
 

ご飯には寿司のシャリが使われていて、一度食べれば癖になるんだとか。

中には寿司を食べずにカレーだけを食べる人も。

 

 

ビジネスのきっかけって案外どこからくるのか分からないものですね。

それにしても、電子製作所から生キャラメルとはとても意外でした!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る