テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【ホンマでっか】私たちはマインドコントロールされてる?!恋愛や商売に使える方法も【まとめ】

読了までの目安時間:約 11分

 

どうもみなさん、お久しぶりです!!

ちょっと私生活でなんやかんやあって、ここんとこ放置してしまっていて申し訳ありません…!!

「え?ちょっと管理人ブログもうやめたんか?放置か?失踪か?」と思われた方もいるかもしれませんが、安心してください。

管理人、生きてます!!

 

と、いうわけで、これからも何か面白いのを見たらこうしてぼちぼちこちらのブログにアップしていこうと思うので、また見に来ていただけたら嬉しいなと思いますっ。

 

いやぁ~「お前のことなんてどうでも良いんだよ!!早く内容教えろ~い!!」という声も聞こえてきそうなので、前置きはここまでにして、いつも通りまとめを公開しますっ。

 




Sponsored Link



今日放送された「ホンマでっか」にて、「日常に潜むマインドコントロール」について様々な学説が紹介されました。

 

コンビニの700円くじの値段の理由…。

 

男性をマインドコントロールにかける方法…。

 

実は知らない間に操られているかもしれないあれこれが、様々な視点から紹介されています!!

どのように私たちは操られているのか、それでは、見てみましょう。

 

 

たくさん注文してしまうのはレストランの太った店員のせい(心理学・植木)

実は今までは「店員さんがあまりに太っていると、自分も太ってしまうんじゃないかと思って買いにくくなる」と考えられていたんですね。

 

ですが今年、アメリカとドイツの大規模な共同研究があり、その調査内容は2,000人以上の客を対象に、店員のBMIと客の注文内容の関係というものでした。

 

すると、太った店員が相手をしていた方が注文が多かったんですね。

 

wp-1471438532331.jpg
 

内容としては、例えばアルコールだと注文する確率が17%も上がり、スイーツを頼む量も4倍上がっていたんですよ。

 

このことから、「人は視覚で無意識に影響されて多く注文してしまう」という結論が出たんです。

 

そういえば、昔ケーキ屋さんでバイトをしていた時、現場を仕切る社員さんが、ひょろい社員さんから太っちょの社員さんに変わったことがあったんです。

移動を決定したマネージャー曰く「太ってる店員さんの方がみんな買ってくれる」って言ってたのを思い出しましたねぇ…。

だからあながち嘘ではないのかもしれません。

 

で、その結論から拒食症の心理療法にも、家族にたくさん食べてもらうという方法が採用されているんですよ。

 

また、池田先生の補足として、人間は他人の行動を見て真似したくなる性質があるということもあるんですって。

見たものと同じような行動を無意識に脳に刷り込んでしまう傾向があるんですね。

 

 

 

赤は食欲が満たされないのでいつもより多く食べてしまう(脳科学・澤口)

Sponsored Link



脳科学的には、赤色が食欲を落とす色だと言われているんですね。

なので、食欲が満たされない分食べ過ぎてしまいがちになるんですって。

 

脳的には「あれ~?なんかおなかいっぱいにならないなぁ~…満足できないぞ~もっと食え~」みたいな感じなんですかね。

青は食欲減退ですが、赤は満足感を麻痺させて結果的に食欲を上げてしまうって感じですね。

 

コンビニ700円以上九時には理由がある(流通評論家・渡辺)

調査によると、コンビニで客が1回で買う金額は、平均で610円なんですね。

これは、「もう1品買ったら700円以上になってくじが引ける…」って値段ですよね。

 

こうして、客単価を上げて売り上げを伸ばしているんです。

 

また、コンビニ側にはもう1つ作戦があって、レジ横に甘いものを置くんです。

そうしたら、「あ、これを買えばくじが引ける」ってなって「ついつい買っちゃった」という現象を生み出しやすいんですね。

700円クジと甘いもの…恐ろしい相性です…!

 

ポイントカードは初めから3個押しているとリピーターに(印象・重田)

客側としては、何も押していない又は1つしか押していないポイントカードはすぐ捨てる可能性があるんですって。

 

なので、最初に多めに押すことでゴールに近いことを意識させるんですね。

こうすることによって、視覚的にゴールに近づいている印象を受けるんです。

 

そして、ゴールが近づくと頑張る気になって、また来店してリピーターになるという流れになるんですって。

 

お盆玉という商品で新しい仕掛けが(流通・渡辺)

Sponsored Link



「お盆玉」というのは、お年玉の亜種で、8月15日におじいちゃんとおばあちゃんが孫に渡すものです。

…お年玉だけでえぇやん、なんでそこまでして(この呟きはここで途切れている)

 

で、お店側は6月ごろからお盆玉袋を販売開始するんですが、売り上げがピークになるのが8月15日なんですね。

 

8月は偶数月ですよね。

偶数月の15日は、年金支給日なんです。

 

「孫が来る~」ということで、おじいちゃんおばあちゃんはお金をおろします。

で、お金をそのままというのはアレなので、「じゃぁポチ袋を買おうかな」となるんですよ。

こうして経済は回っていくんですかねぇ…。

 

でも、「新しい企画を打ち上げないと小売業も売り上げが建てられない」という渡辺先生の補足もありましたし、こうやって経済を回していくんですね。

 

並んでいる商品は1番右が売れる(心理・植木)

2,000人の女性を対象に、全く同じ品質の商品を並べて選ばせる実験がありました。

 

wp-1471438524824.jpg
 

「どの素材が一番いいですか?」と質問すると、40%の女性が一番右にあるものを選ぶんです。

 

本を読むとき、横書きの文章だと左から右に目が行きますよね。

それと関係しているのか、心理的には右側の方が良いように見えやすいんだとか。

なので、店的に売り出したい・処分したいものを右に置けば、売れる可能性が上がるんですって。

 

で、渡辺先生からも、右側は右利きだと取りやすいという補足がありました。

 

他にも、135センチの棚は最も見やすい高さなので、その高さで売りたい商品を置く…冷蔵庫は右手で開くから左手で取りやすい位置に置く…といった具合に商品設置をするという作戦もあるんですって。

 

凝った書体で長いメニューはおいしそうに感じる(重田)

要はこんな感じです。

 

wp-1471438504621.jpg
 

これは長ければ長いほど、シェフのこだわりを感じやすいんです。

…アレか、フランス料理とかのあの謎の呪文のようなメニューはそういうことだったのか…!

 

全く同じ料理でもメニュー名が長いと良いものに感じる傾向があるからこそ、高価な値段でも価値があると思うんです。

なので、値段が高くても売れているんですね。

 

うーん、分からなくもないのが悔しい…w

 

「他に頼る人がいない」で男はコントロールされる(法律・堀井)

男性をマインドコントロールにかけるには「僕じゃなきゃ救えない」とか、自分が頼られる心理にかけることなんですね。

 

自分が頼られている状況に男性はくすぐられる傾向があるんです。

例えば、「実家が貧しいので仕送りしたい」「バイトができないから生活費が欲しい」ということをそれとなく伝えることで「あっ、僕がこの子を助けなきゃ…!!」といった保護心理(っていうのかな…?)が男性にかかることが多いんです。

 

そうして女性に上手く騙されて貢いで、お金を取り返したいっていう男性の相談が多いんだとか。

 

あいまいな言い方の方が相手を動かすことができる(精神医学・岡田)

相手の心に入り込むのって、「中立的な善意の第三者」が良いと言われているんです。

要は、押しを強くすると引かれてしまうんですね。

 

例えば、恋愛のセリフで言うと…

「君は僕のこと好きになるよ」を「これから先何か起きるかもわからないね」という風にすると、付き合える可能性が芽生えやすいんですって。

 

まぁ確かに、前者だと「はぁ…あっそう…知らんがなwww」って感じですが、後者だと「えっ(ドキン)」ってなりそうですねwww

 

マツコが社会に受けるときは加藤は受けない(脳科学・澤口)

これは、景気と体型に関連するものです。

不景気の時はふくよかな人が社会に受け入れられやすく、好景気の時は痩せている人が社会に受け入れられやすいそうなんですって。

 

 

 

うーん、コンビニの700円クジとか、商売関係のマインドコントロールはまさに「うわぁ手のひらの上で転がってたのかああああ!!!」って感じでしたねぇ~。

 

恋愛の口説き文句、ちょっとあいまいにしてみてはいかがでしょうか?w

 

まぁ、何かを予感させる言い方をされると、受け手としては期待値が上がるような心理になるなぁとは思ったので、眉唾では無いとは個人的に思ってます。

 

それでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る