テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【ホンマでっか】お金が貯まる人・貯まらない人の特徴!節約方法も紹介【まとめ】

読了までの目安時間:約 11分

 



今日放送された「ホンマでっか」では、お金が貯まる人・貯まらない人の違いが紹介されました。

 

何かと悩みの尽きないお金のこと…私も貧乏生活真っ盛りですよ~(笑)。

今回の放送で、お金を貯めるヒントが得られるかもしれません!

 

お金が貯まる人の特徴とは、またその逆とはどういうものなのか…!

節約方法や無駄遣いを回避する方法も紹介されましたよ!

それでは、見てみましょう。

 

お金が貯まる人の特徴

Sponsored Link



キャッシュレス派の方が現金派より貯蓄上手(マーケティング/牛窪)

カードの方が使っちゃうイメージがありますが、経済省のデータによると、バブル期より一括払いでカードを使う人が4.5倍も増えているんです。

 

今では、公共料金やコンビニなど、日常生活でもカード払いできる範囲が拡大しているので、普段使いする人が増加しているんですって。

 

ちなみに、カードの使い道は上から順に
  1. オンラインショッピング
  2. 携帯料金
  3. スーパー
  4. プロバイダー料金
  5. ガソリンスタンド
 

百貨店やホテルなどの高いものに対する使用は10位以下にしか入ってないんですって。

 

で、なぜカード派と現金派で差が付くかというと、カードの場合はポイントを貯めてうまく活用する傾向があるんです。

ほら、例えば楽天カードだと、100円で1ポイント~ってありますよね。

ポイントを貯めれば楽天の場合はEdyに変換させて支払いに使えますしね。

 

一方で現金派の人は、2割の人がATMでお金をおろす手数料を年間5千円以上使っているんです。

確かに、ATMって銀行の物でも時間外だと手数料かかりますよね。

 

ある金融機関の調査によると、カード派の方が現金派よりも年間約17万円も貯金が増加したんですって。

要は、カードの場合は明細がまとめて見られるので、管理や反省がしやすいんです。

つまり、家計簿代わりということですね。

 

胸の小さい女性と結婚するとお金が貯まりやすい(経済/門倉)

ネット上のデータを分析して消費行動を導き出すビックデータを使って、中国のIT企業が購入したブラのサイズとネットでの消費金額の関係性調査したんですね。

 

で、その結果、Bカップの人は7%の高額消費だったのに対し、Cカップは17%Dカップは24%、さらにEカップは33%と上がっていったんです。

 

つまり、カップ数に対して比例して増加しているんですね。

因果関係は分かりませんが、数字の結果としては出ているんですね~……。

 

お金がたまらない人の特徴

Sponsored Link



破産している人は細かいお金の出し入れが多い(法律/堀井)

堀井先生は、破産の事件を担当するときに、通帳やカードの明細を全部預かるんですね。

で、それを見て行って共通しているのは、とにかく細かいお金の出し入れが多いことなんです。

 

破産する人は数千円単位のお金を時間外に引き出す傾向が高いんですって。

(そらお金余計に出ていくわ…)

 

かわいい子を目で追うタイプは衝動買いしがち(マーケティング/牛窪)

周りの人の行動に影響されて、つい買ってしまう傾向があるんだそう。

 

アメリカのWebメディアによる、飛行機の機内販売の研究で、自分の前にモニターがある状態でそこから注文できるという状態において、どういう人がどういう時に買い物をするのかというのを見たものがあるんです。

 

1つは常にキョロキョロしていて、近くの人の買い物を見たという人が、1人あたりの購買点数が30%以上上がったんです。

さらに、誰かがお酒を買ったのを見た人は、お酒を買う確率が78%もアップしたんです。

 

良いことをした後に買い物に行くとお金をたくさん使ってしまう(異常心理/杉浦)

異常心理学によると、人間は「自分は良い人だ」というイメージとお金を同じような資産だと思っているんです。

「自分は良い人」と思うと、その分お金を使っても良い気持ちになるんです。

 

あれかなぁ…良いことをしたから「景気づけにいっちょ使っちゃおう!とりゃ!」って気になるんでしょうか…。

 

人におごったことが無い人はお金が貯まらない(生物/池田)

先ほどのものと矛盾するのですが、誰かにおごると他人から尊敬や信頼を受け、仕事も増えて結果的に収入が上がるんです。

 

途中でやめたらもったいないと思う人はお金が貯まらない(脳神経/菅原)

本当に要らなくなったらその時にやめた方が良い」という考えです。

例えば、映画館で映画を見てて、「退屈だなぁ」と思ったらたとえ開始30分でも見るのをやめるのがお金が貯まるんだそう。

 

要は、時間の無駄遣いをしない人は、お金の無駄遣いもしないという感じですかね。

 

無駄遣い回避や節約の方法

Sponsored Link



なぜお金を使うかストーリーを思い描くと無駄遣いが減る(脳神経/菅原)

例えば通販番組で「あと残り何個」っていうセリフを聞くと欲しくなっちゃいますよね。

これは、心理的リアクタンスと言って、制限を受けると欲しくなっちゃう心理なんです。

 

つまり、元々欲しくなかったものでも制限を受けると欲しくなりやすいんです。

「本当に自分はこれが欲しいか」を考えることが無駄遣い防止になるんですよ。

 

そこで、食事に行くときのレストランの選び方で例題です。

 

この中で1番無駄遣いしそうな人は?

A.料理のレパートリーを増やしたい

B.この人と一緒においしい料理を食べたい

C.ミシュランの星付きレストランを体験したい

 

 

 

 

答えはCです。

AとBは「自分がこれをしたい」という思いでレストランに来ているわけですから、失敗したら自分の責任になります

でも、Cは、「ミシュランで評判だから~」という思いなので、もしそのお店の味がマズかったら、その店を選んだ自分の責任ではなく、「ミシュランのせいで嫌な思いをした!」と自分ではないもののせいにできるんです。

 

 

ネットスーパーの買い物の方がお得で安く買える(節約/和田)

例えば肉の販売でも、ネットの場合はキリの良いグラム数で販売されていて、店舗の場合はキリの良いグラム数で販売されていないんですね。

なので、ネットでは少しグラム数の多いお肉が届くので、値段はそのままでお得に買い物ができるということなんです。

また、在庫が品切れの場合代替品を選択することもできるんですね。

例えば100円のちくわが品切れの場合、200円のちくわが届くこともあるんだそう。

 

 

獲得したポイントでプリペイドカードを購入して別の所で使え(節約/和田)

これは家電量販店の話で、クレジットで払うとポイントが付かないことってありますよね。

あとは、ポイント払いでもポイントが付かないとか…。

そこで、ポイントを家電量販店の商品券にして、それで購入することによって、現金と同じくポイントが付くんです。

 

なので、何か欲しい家電があるとすれば、金券ショップで商品券を安く購入して使用すれば、ポイントも付くのでかなりお得なんですって。

 

その他


ケチな性格は隠しても親を見れば分かる(法律/堀井)

お金に対する価値観は親の価値観が影響しやすいんですね。

日常生活の癖は親の影響が大きく、本人が成功しても変わりづらいんです。

 

なので、結婚相手を選ぶときは、相手の親の価値観と合うかも見た方が良いんですって。

 

浪費しすぎると電気刺激でお仕置きするリストバンドがある(経済/門倉)

そのリストバンドは、ネットで銀行口座とクレジット会社に接続されていて、設定金額を超えて購入した場合、リストバンドに電気刺激がくる仕組みになっているんです。

 

イギリスの「Intelligent Environments」という会社が、電気ショックによる目覚ましなどを開発している「Pavlok」とパートナーシップを結んで開発した商品なんですね。

詳しい記事を見つけたので、リンクを貼っておきますね。

 

カードを使いすぎてしまうと電気ショックが流れるリストバンドが登場

 

 

 

うーん、色々と特徴があるものなんですねぇ…。

今度何かをするときは、ストーリーを立てて、無駄遣いを減らしていこう…。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る