テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

アンビリ・80年前のシンデレラ 日本とオマーンを結んだ愛

読了までの目安時間:約 6分

 



本日放送された「アンビリーバボー」にて、日本とオマーンを結んだシンデレラストーリーが素敵でした。

オマーンから来たタイムールさんが日本に訪れ、たまたま立ち寄ったダンスホールで出会った大山清子さんに一目惚れ。
おしとやかで日本的な美しさのある清子さんに惹かれ、毎晩清子さんに会うためだけにダンスホールへ訪れるというアタックの強さ。
清子さんも、言葉の壁はありながらも、優しいタイムールさんに惹かれていきました。

ある日タイムールさんは思い切って告白をするのですが、男性と交際したことが無く、尚且つ年の差が大きい(タイムールさんは47歳・清子さんは19歳)ことから清子さんはためらいます。でもそれを気にすることなくタイムールさんはどんどんアプローチするんですねぇ~。
いやぁ~さすが外国の方と言いますか…積極的ですねぇ。

それで付き合うことになって、結婚も誓うんですが、当然両親に猛反対されるんですよ。
しかも一夫多妻制のオマーン人のタイムールさんには3人の妻がいるんですね。
文化の違いとはいえ反対されるのは仕方ないですね。

でもそんな両親にも一歩も引かないので、じきにタイムールさんの気持ちは両親にも伝わります。
ですが、清子さんの父親から「日本に住むこと」を条件として突き付けられます。

それに即答できずに「もう少し待ってくれるかい?」と言ってオマーンへ帰国。
そして条件を満たして再び戻ってくるんですよ。
私は見ながら「あ~、過去との清算をしたのか…」って思いましたねぇw

そして出会ってから一年で結婚。生活は豊かで、給仕やメイドも3人というもの。
ですが不思議なことに、タイムールさんは清子さんたちに自分がどんな職業の人なのかを教えないんですよね。
日本以外にも、これまでいろんな国を回っていたのですが、色んな人に「仕事は何を?」と聞かれてもはぐらかしてました。

Sponsored Link




そんなタイムールさんの正体が分かったのは一年後。娘の節子さんが誕生したときです。
娘の誕生後、突然アラブの民族衣装の男たちが訪ねて来たんですよ。節子さんの誕生を祝いに来たと言って。










その人はオマーンの王様だったんですね。

で、タイムールさんはその王様のお父さん。つまり、前オマーン国王だったのです!!

まさに日本版シンデレラですね!!!
いやぁ~びっくりしましたよ~…。私てっきりそれまで「何か闇の仕事」とかそういうの想像してましたよ~www

タイムールさんはその5年前にもう王の位を息子に渡していたのですが、「日本に住め」という条件を突き付けられた後、帰国して王室に別れを言いに行ったんですね。

「自分の心に嘘をついて生きていたくない」って言葉は、胸に来ましたね…。
本当に愛してなければできないことだと思います。

後日、清子さんがタイムールさんに「何故王室を捨ててまで日本に暮らすこと(自分と結婚すること)を決めたのか」と尋ねると、「権威や身分じゃなく、裸の自分を愛してくれる人と暮らしたかった」とタイムールさんは答えました。

うっは~~~~~~~~~~男らしい!!!!!!!!!!!


一度で良いから言われてみたいですねぇ~www




そして二人は幸せに暮らしましたとさ、と言いたいところだったのですが…



結婚から3年後、清子さんは腎臓を患い23歳で亡くなられました…。
でも私、年の差も国の違いもあるけど、そこまで深く愛してもらえて清子さんは3年という短い結婚生活でしたが幸せだったと思うんですよね。ちょっとそれを知った時は悲しかったですが…。

そしてタイムールさんは娘を連れオマーンへ帰国したんです。
節子さんはブサイナ姫として王族の身分を与えられました。ブサイナ(節子)さんは現在もご存命で、オマーンの王族として暮らしているそうです。

タイムールさんは戦争の影響もあって、日本に戻ることなく77歳でオマーンで亡くなられました。
ですがその13年後にブサイナ(節子)さんは日本を訪れ、39年ぶりに日本の親族と再会し、清子さんの墓前にも立つことができました。

Sponsored Link




この切ないシンデレラストーリーはオマーンの方々も知っている方が多く、その影響か親日の方も多いそうです。
また東日本大震災で日本に義援金を送ってくれた国の中では4番目に多い国がオマーンだったんだとか。

もうねぇ、この素敵な話からオマーンと日本の意外な絆を知れて良かったと思いました。


長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。
また話のタネを拾いたいと思います。

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る