テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

ビーパップハイヒールが教える良い医者選びのコツ!

読了までの目安時間:約 4分

 



2月25日放送の「ビーパップハイヒール」で、良い医者・病院選びの仕方が紹介されました。

いざ病気になった時、やっぱり良いお医者さんに診てもらいたいですよね。

 

ランキング本は入院平均日数を見るべき!

Sponsored Link



医者の技量の高さは症例数を見てしまいがち。ですが、技量と症例数はイコールではないのです。

技量は症例数が100を超えれば同じくらいになるし、そもそも自己申告制だからというのが理由です。

技量の参考にするのは、入院の平均日数を見るべきです。

同じ病気でもA病院とB病院を比べて、A病院の方が日数が少なければ、そこの医者は早く病気を治してくれる=技量が高いということになります。

診療所の医者が若いからって未熟というわけではない

よく「最近できた診療所の若い先生より、昔からいる先生の方が信用できる」と言う人がいます。

まぁ確かにかかりつけ医とかなら信用できますが、若い医者でもメリットはあります。

ここでいう若い医者とは、40代で独立開業した医者を指します。

医者の世界での40代はベテランに差し掛かって脂の乗る時期と言われています。

最新医療機器が整っている大学病院にいたことがあって、その年で独立開業ができる医者は、技量の高い医者である可能性があります。

なので、年齢を見て判断するのも考え物ですね。

乳がんの専門クリニックの選び方

Sponsored Link



女性にはよく「乳がん検診を受ける方が良い」って言われますよね。乳がんの検査を受けようにも、どのようなクリニックが良いのか迷いますよね。

番組が紹介した選び方は、「センチネルリンパ節生検」の有無。

センチネルリンパ節というのは、乳房内から乳がん細胞が最初にたどり着くリンパ節で、このリンパ節を見つけて調べてがん細胞があるかどうかを調べる検査が、センチネルリンパ節生検です。

この検査はとっても手間がかかる検査なので、これができるクリニックは先進的なクリニックであるということになります。

がんのゴッドハンド名医はいない!?

「ゴッドハンド」と呼んでいいのは高度な技術が必要となる心臓外科。その分野でゴッドハンドと呼ばれる医者は本物の名医と言えます。

ただ、がんのゴッドハンドを自称している場合は怪しいです。症例が希少ながんなら言えないことも無いですが、近年のがんに対する医療機器は発達しているので、医者のゴッドハンドは必要ないんだそうです。




以上が番組内で紹介されたコツです。

技量や最先端の技術があるかどうかを見極める参考にどうでしょうか?

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る