テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【アンビリーバボー感動話まとめ】夢を叶えた男性の話に涙【動画リンクあり】

読了までの目安時間:約 7分

 



3月10日放送の「アンビリーバボー」の感動話では、一度夢を諦めたが、背中を押されたことで夢をかなえられたイギリスの男性の話でした。

歌手になる夢と挫折

イギリスのリバプール出身のクリストファー・マローニーさん。少年の頃から歌が大好きで、祖父母がクリスの歌の最初のファンでした。

そんなクリストファーさんは、歌手になるのが夢だったんです。

 

彼は成長して、地元のバーで歌手のアルバイトを始めました。

ですが誰も彼の歌に興味を持ってくれなかったんです。おしゃべりしたり料理に夢中だったり…まぁ、それが現実ですし仕方のないことだったんですけどね。

すると彼は極度の緊張状態に襲われることになったんです。誰も興味を持ってくれなかったことから、自分の歌に自信がなくなって、無くなればなくなるほど緊張で手が震えてしまうようになってしまったんです。

 

そんな中、祖父が病気で他界。一人になった祖母の元へ引っ越すんですね。

そして、大学卒業を控えて進路を決める時期、同じくアルバイトで一緒に音楽活動をしていた友人たちはそれぞれ音楽の道に進むことを決めていましたが、クリストファーさんは緊張のことを考えて迷うんです。

また、緊張以外にも立ちはだかった壁は父親でした。父親にに「歌で稼げるのは一握りだけだぞ。お前はプロとしてやっていける自信があるのか?」と歌手の夢を反対されて市役所に就職することになりました。

転機と背中を押してくれた祖母

Sponsored Link



市役所に就職して普通の日々を送るクリストファーさん。「これが俺の人生だ」と言い聞かせながら生活していました。

しかしその5年後、帰宅した際に祖母が見ていた「Xファクター」という番組が彼の人生を変えるんです。

Xファクターとはイギリスの音楽オーディション番組で、優勝者はプロへの道が約束されています。要はブリテンズ・ゴット・タレントや、アメリカンズ・ゴッド・タレントの音楽を専門にした番組ですね。
で、その番組に祖母が出演することを勧めるんです。クリストファーさんは、出演しようと思い立つことがあっても、あの緊張を思い出すと「大勢の観客の前で歌えるのか」と自信を無くし、応募できずに何度も破り捨てていたんですね…。

 

 

 

そしてそれからさらに8年後、応募用紙をまた破り捨てようとしたところを祖母に見つかるんです。以前に祖母はクリストファーさんが破り捨てた応募用紙を偶然見つけて、応募できず悩んでいるのを知っていたんです。

悩み続けるクリストファーさんに、祖母はそっと背中を押すんですね。

 

 

「この書類には貴方の思いが詰まっている。ずっとあなたを見てきたけど、あの番組を見ているあなたの目はまるで少年の頃のようにイキイキしていた。傷ついたっていいじゃない。怖がっていたら夢なんていつまでたっても掴めないわ」

「結果なんかどうだっていいの。大切なのは後悔しないこと。自分の道は自分で切り開きなさい」

 

 

思い入れある曲で勝負

 
Sponsored Link



Xファクターは、イギリスの各都市で予選をして、予選通過後テレビで大観衆の前で披露するんです。クリストファーさんはもちろん本戦へ勝ち進みました。

 

極度の緊張状態で手が震えるものの、彼は堂々と「The Rose」を披露しました。

この曲は、祖母と共に何度も聞いた思い入れのある曲で、祖母の好きな歌でもあったんです。そんな思い入れある曲で、彼は勝負をしたんですね。

 

披露の様子は、こちらの動画をご覧ください。(字幕なしです。歌は2:40ぐらいから)

 

その歌声に観客は魅了されて、歌い終わるとスタンディングオベーションが!審査員も、

「なんで今までその声を隠してたんだ」
「もっと自分を信じなきゃ」

とクリストファーさんに称賛の声を送っていました。

 

こうして無事決勝に進出できたクリストファーさん。結果は3位となりましたが、彼の歌声に目を止めた音楽会社にスカウトされて、翌年歌手デビューを果たしました!
ファーストシングルは国内ダウンロードチャート一位!400か所以上の公演をするほどの忙しさとなりました。

その後

この出来事について、クリストファーさんは「誰かが後押ししてくれたら勇気を持てるんです」と振り返りました。今では反対していた父親も応援してくれているそうで、ハッピーエンドですね。

現在は芸能スクールを設立して、歌手を続ける傍ら子供たちに歌やダンスを教えているクリストファーさん。

「夢があっても一人では自信が持てなかった。祖母が後押ししてくれたみたいに、今度は僕が子供たちの夢をサポートするんだ」と語る彼の顔は、もう昔の緊張状態に襲われていたころとは違って自信と夢を追う子供たちへの愛情に満ちていました。

 

余談ですが、私も叶えたい夢があって時折挫折しそうになります。でも、今回のクリストファーさんの話に少し勇気を貰えました。

やはり人生何がきっかけとなるかわかりませんね。それと、夢を応援してくれて背中を押してくれる人のありがたさ。

私にもそうした人がいることを思い出したので、大切にしようと思いました。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る