テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【家事えもん】肉汁滴るハンバーグ!玉ねぎをおいしくする方法も【レシピ】

読了までの目安時間:約 5分

 



家事えもんの掛け算レシピ。今回は肉汁がじゅわ~と出てくるハンバーグの掛け算レシピでした!また、これから旬の新玉ねぎをおいしくする方法も紹介されました。

高野豆腐×氷=ジューシーふわふわハンバーグ

Sponsored Link



材料

  • 牛豚肉合挽き肉:200g
  • 新玉ねぎ:1/2個
  • 高野豆腐:8g
  • 卵:1個
  • 塩:少々
  • 粗挽きコショウ:少々
  • ナツメグ:少々
  • サラダ油:大さじ1
【氷】
  • お湯:150ml
  • コンソメ粉末:小さじ1/4
【和風きのこソース】
  • 新玉ねぎ:1/2個
  • なめたけ:大さじ2
  • ポン酢:大さじ3

作り方の前に玉ねぎをおいしくする方法

農家さんから教わった、玉ねぎの甘味をさらに引き出す方法が家事えもんが伝授!

それはずばり、電子レンジでチンすることです。

これから紹介されるレシピの玉ねぎは、切った後にチンして甘味を引き出してから使うと良いですよ!

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにする→玉ねぎの切り方で、玉ねぎの旨みが出るのがみじん切りなんですって。
  2. 高野豆腐をおろし金でおろす→パン粉の代わりにつなぎとして使います。
  3. ナツメグと塩、粗びき胡椒、みじん切りにした玉ねぎ、ひき肉を入れてスプーンでかき混ぜる。
  4. 小さ目の氷を4つハンバーグの中に入れる。
  5. フライパンのヘリ(端っこ)において焼く→こうすることで、側面と底が同時に焼けるんですね。
  6. お湯を入れてふたを閉め、8分間弱火で蒸し焼きに。その後火を止めて4分間さらに蒸す。
  7. 玉ねぎのみじん切りに、なめたけとポン酢を混ぜたソースをかけて完成。
高野豆腐は吸水性が良いので、出汁や肉汁をよく吸って閉じ込めてくれるんですね。そのおかげで、ハンバーグを割った時にじゅわ~~~~っと肉汁があふれ出るんです。

20160317_205110.jpg
(写真失敗しました…w)

氷を入れるのは、火を通すと中で溶けた水分が肉全体に行きわたるため。水分が十分にあるので、肉がパサパサにならずふっくらジューシーに仕上がるんですねぇ。

氷の作り方

氷なんですが、普通に水でやるよりもコンソメスープの氷にするのが家事えもんのオススメ。

コンソメとお湯を混ぜたコンソメスープを製氷器に入れて固めるんですが、コツは製氷器の半分くらいにスープを入れるんです。

20160317_204920.jpg
これで、程よい小ささになるんですね。大きいのを入れると、その分ハンバーグの中に空洞ができるから、小さめの氷の方が良いんですって。

和風オニオングラタンスープ

Sponsored Link



材料

  • 新玉ねぎ:1個
  • とろけるチーズ:2枚
  • ベーコン:1枚
  • 和風だし粉末:小さじ1/2
  • 白だし:大さじ1/2
  • インスタントコーヒー:小さじ1/3
  • パルメザンチーズ:適量
  • パセリ:少々
  • お湯:50ml

作り方

20160317_205157.jpg
  1. 新玉ねぎの下に割りばしを置いて、貫通させないように縦に8等分にする
  2. ベーコンとチーズを、玉ねぎの間にはさむ
  3. 深めの耐熱スープ皿に玉ねぎを丸ごと入れる
  4. お湯にといた和風粉末ダシに白だしを入れ、インスタントコーヒーを加えてコクを出しスープ皿に入れる
  5. ラップをして600Wで3分半
  6. チーズをのせて、さらに1分電子レンジに
  7. パルメザンチーズとパセリを乗せたら完成
20160317_205342.jpg
 

電子レンジで玉ねぎの甘味を引き出すのは目から鱗でしたね。普通に調理してもおいしい玉ねぎですが、やっぱりもっとおいしさが出るならその方法を使いたいですね。

肉汁たっぷりのハンバーグもとてもおいしそうでしたし、明日のご飯はこれで決まりですね(笑)

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ レシピ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る