テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【ミになる図書館】知らなきゃよかった新事実!ゲストも目から鱗・1【スペシャル】

読了までの目安時間:約 10分

 


「中居正広のミになる図書館」の知らなきゃよかったスペシャルが3月21日に放送されました。ゲストの美容健康法やこだわりを専門家がダメ出しするという内容。まさかの衝撃の事実にびっくりするゲストが多数でした。

ちょっと長いので、前後編に分けますね。

綾小路きみまろが15年続ける健康法

ブレイクして15年目の綾小路さんは、デビュー当時高血圧の持病があったため、ジョギングを日課にしているんですね。

でもその方法が素人目から見てもやばいんです…

まず、朝起きてすぐに走り出すんです。

準備体操も水も無しに、6時ごろに起きて5分後ぐらいにスタート。30分で6km走り、その後30分ウォーキング。そして、家に帰ったらすぐに水分補給無しでお風呂に入るんです。で、お風呂を出てから水分補給という流れ。

素人の私から見ても、朝起きてすぐだと体がまだ寝てるからパフォーマンスも悪いし、尚且つ水無しとか自殺行為じゃないですかー!!って見ながら思いましたねぇ…。運動には水が大事というのが常識となっているのに…。これには中居くんもゲストの方々もびっくりしていました。

スポーツドクター・栗原隆先生のダメ出し

で、きみまろさんのこの走り方、医学の教科書に載っていそうなほど突然死の原因の典型的パターンなんです。

まぁ、予想通りって感じですよね…。

 

栗原先生の解説は以下の通り。
  • 起きてすぐの運動は血圧が急上昇。脳卒中や心筋梗塞で倒れるリスクがアップ
  • 起床直後は水分不足で血液がどろどろ。そのまま運動をすると心筋梗塞などを引き起こしやすい
  • 時速12kmはきみまろにとって心臓に負担がかかりやすく、ゆっくり走る人より死亡率が高い。安全圏のスピードは時速6kmぐらい。
また、走って帰宅後すぐにお風呂に入るという方法にもダメ出しが入りました。これは、医学の教科書に載って良そうなほど浴室内で倒れる典型的パターンなんだそう。解説は以下の通り。
  • 運動直後の入浴は上がっていた血圧が急激に下がってしまう。冷えないように軽く汗を拭き、水分補給をして心拍数が落ち着いた後に入浴するのが良い
  • 運動前・運動後の水分補給は、安全に運動ができるためにも必ずすること。
運動に対する水分の大切さがよく分かりますよね。先生もきみまろさんがそれを続けてて60半ばという年齢なのにびっくりしていました。

ちなみに稲垣さんは自宅の部屋の中にランニングマシーンを置いていて、走りながら歌うんだそう。これは、栗原先生曰く舞台俳優も取り入れている方法で、舞台でパフォーマンスする人にとっては非常に理にかなっている方法なんだとか。

稲垣吾郎のマル秘入浴法

Sponsored Link



先ほど栗原先生に褒められて気分が良くなっている稲垣さん。そんな彼にもダメ出しが来ました。

それは入浴方法で、稲垣さんは毎日、朝と夜の2回絶対に入っているんです。朝から汗が出るほど入浴し、風呂の中で台本を覚えるという仕事に対する真面目っぷり。

また、バスソルトや水素、重曹など入浴剤にこだわっていて、日によってボディークリームを変えるんです。女子力高いですね…中居くんも「女子力高いんだよ~」と愚痴ってましたw

そして稲垣さんは髪の毛はドライヤーで乾かさずにタオルで拭くだけで自然乾燥。そしてヘアバンドを着用するんですって。

まぁお風呂は体に良いとは言いますが、ここでも素人でも分かるダメ出しがありました。

毛髪診断士・田村友佳子先生のダメ出し

それは髪の毛の乾かし方。風呂上がりに髪をタオルで拭くだけだとごわごわのダメージヘアになってしまうんです!田村先生の解説は以下の通り。
  • 濡れた髪の毛はキューティクルが開いていて傷みやすい状態。その時にタオルでごしごし拭くとキューティクルがもっと開いてしまう。
  • シャンプーした後は必ず根元まで乾かすことが大事。生乾きが続くと頭皮に細菌がわく恐れが。
  • ある程度髪の毛を挟み込むようにタオルで水分をとってからドライヤーをするのがコツ。20cm以上離して同じ場所にずっと熱を当てないのが大事。
また、きみまろさんは加齢臭を取り除くために、夜も朝もお風呂に入って、湯船の中であかすりタオルで赤くなるまでゴシゴシこすっているんだそう。

これに対して皮膚科医の白石美緒先生から逆に体臭がきつくなるというダメ出しが。これは、たわしで豆腐をこするがごとく皮膚を傷つけてしまうことになり、皮脂や角質も取り除くために逆に加齢臭の原因になってしまうんです。

体の汚れというのは、シャワーや湯船につかることでほとんど落ちるので、残りは泡立てたソープで手で優しく洗うのが体の臭い対策に対して良いんです。気になる方は、臭いの出るポイント(耳の後ろや首回り)を念入りに優しく洗うと改善されるんですって。手のひらではなく指先で優しく撫でるように洗うのがコツです。

女優ゲストの美容健康法

Sponsored Link



水野真紀の風邪予防・プロポリスの原液を直接喉にたらす

プロポリスの原液を喉に直接垂らしてなじませながら飲むという方法。プロポリスとは、ミツバチが植物から集めた樹脂製混合物で「蜂ヤニ」とも言います。これは水野さん本人も言ってますが、たらすと痛いんです。中居くんやハライチの澤部さんがやってみましたが、ものすごいせき込んでました…。

内科医・木島富士夫先生のダメ出し

このプロポリス風邪予防法。無駄に刺激を与えているだけで効果は変わらないという真実が。プロポリスの効き目があるのは、ウィルスや感染症の治療。ですが、風邪の予防として原液を喉に直接垂らすと、痛くてかすれて咳が出て逆に喉を傷めちゃうんですね。

白髪予防に黒すりごま入りヨーグルト

また、水野さんは白髪家系であるということを気にして、20年以上毎朝黒すりごま入りヨーグルトを食べているんですって。これは、ヨーグルトに黒ゴマや黒きな粉を混ぜて作ったものなんです。

これに対し木島先生は、黒すりごま入りヨーグルトが白髪予防になることに医学的根拠が全くなく、それを知ったショックで水野さんは白髪が増えるかもしれないというまさに知らなきゃよかったダメ出しをwww

水野さんはこのヨーグルトを食べることで、母親と比べて白髪が出ることが少なくなったと話していたのですが、これはある種のプラシーボ効果だっただけ。とはいえ、根拠はないのですが、髪に良い成分である亜鉛を含む黒ゴマを摂取することで、毛艶が良くなるという利点は期待できるとのことでした。

大好物のなまこ酢を毎晩食べる栗山千明

お酒のおつまみ系が好きな栗山さんは、最近なまこ酢にハマっているんだとか。コリコリした食感がたまらないんだそう。

形成外科医・桐生有紀先生のダメ出し

毎晩なまこ酢を食べているという栗山さんに対して、なまこを食べ過ぎると夜眠れなくなって寝不足になる可能性があるというダメ出しが。

血管を広げたり血流を良くしたりする成分のあるナマコと、お酒を合わせて食べることで快感物質のドーパミンが出るんですって。これを毎日食べるとなると、興奮作用が働いてしまい眠れなくなってしまうんです。

押切もえが美を保つスーパーフード活用術

チアシードやアサイーなど、健康や美容に良いと話題になっているスーパーフード。それにハマっている押切さんは、チアシードやヘンプシードナッツはそのまま摂取して(普通は水分と混ぜて食べる)、野菜パウダーはパン粉と混ぜて焼き物に使うんだそう。また、野菜パウダーには酵素が入っていると自慢気に話していました。

内科医・大森真帆先生のダメ出し

押切さんのこの食べ方、得意げに話していましたが実はとても危険な食べ方だったんです。このチアシードを生のまま食べる方法はおなかを壊しやすく栄養素が無駄になるということを引き起こしてしまうんです。

チアシードをそのまま食べると、腸内の水分を吸収して腸閉塞や便秘や下痢の原因になってしまうんです。

また、生のチアシードには発芽毒があるとされているので、生ではなく水に浸した食べ方が推奨されるんですね。それに皮が硬いので、そのまま食べても必要な栄養素を吸収できていないんです。

チアシードの食べ方としては、一般的には12時間以上水に浸してから食べるのが良いとされているんですって。

また、スーパーフードは確かに体に良いんですが、とりすぎると体内で余計に酸化して老化の原因になるということが。物事にはほどほどが良いってことがよく分かりますね。

ちなみに、押切さんが得意げに野菜パウダーには酵素があると言ってましたが、含まれてないという衝撃の事実が。

酵素は生き物なので摂取するとしたら生ものを取るしかないんです。要は、パウダー状や加工されたものには入ってないんですね。とはいえ、酵素はありませんが、色んな栄養素は入っているのでパウダーを採るのは悪いことじゃないのでご安心を。

 

第二部、第三部へと続きます!
【ミになる図書館】知らなきゃよかった新事実!ゲストも目から鱗・2【スペシャル】

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る