テレビで見た便利グッズやスポットをまとめてます!

花咲き通信局

来訪ありがとうございます!テレビで見た便利グッズや気になったことを書き綴る雑多ブログです

【世界一受けたい授業】ストレスとの付き合い方に出演者も関心!【まとめ】

読了までの目安時間:約 8分

 


今日放送の「世界一受けたい授業スペシャル」の「特別授業」で、健康心理学者のケリー・マクゴニガル先生が自身の著書「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」より、ストレスとの上手な付き合い方の授業が行われました。

ストレス社会と言われる現代だからこそ、知っておきたいストレスに対するマインドセットが満載でした。日々をストレスで憂鬱に過ごしている方にとっては、ケリー先生の授業はとても役に立つと思います。

このストレスに対する付き合い方はとても簡単で明日からでもできるものです。このケリー先生の授業で、ストレスが少しでも軽くなると良いですね。

それでは、どのような付き合い方なのか、見ていきましょう。

ストレスは「どう思いこむか」によって味方になる!

ケリー先生によると、ストレスは上手く使えば逆に長生き出来たり、仕事や試験で良い結果が出たりするそう。また、アメリカで3万人を対象にした調査では、「ストレスは体に悪いと思い込む」だけで死亡リスクは43%増加し、ストレスに対して前向きな思い込みをすると、死亡リスクの上昇が全く見られないという結果がでたんです。

このことから、「悪いのはストレスが健康に良くないと思い込むこと」ということが段々と分かってきたんですね。つまり、「ストレスはあった方が良い」と思い込み受け入れることが大切という結論となります。

 

それでは、ストレスをポジティブに考えることでどのような結果が出るのか。そのことを証明する実験があります。

あるホテルの清掃員は、1日300キロカロリーを消費するほどのハードな仕事をしているのに、ふくよかな体型をしているんです。その清掃員たちにアンケートを取ったところ、全員が運動をしていないという結果に。

そこで、運動ライフの素晴らしさを朝礼などで伝えた結果、清掃員たちは運動もするようになって、体重や体脂肪率が下がったんです。

また、年を取ることを「知識や経験が豊富になる」とポジティブに思う人と、「年寄りの自分は役立たず」と思う人を比べると、ポジティブに考える人の方が8年も寿命が長かったんです。

これは、ポジティブな人は「やればできる」と医師のアドバイスに従い、健康のために運動をすることからくる差なんです。

つまり、自分にあるストレスをポジティブにとらえることで(この2つのデータの場合)チャレンジ精神が芽生えるので、ダイエットに成功したり長生き出来たりするんですね。

ストレスを抱えるとどんな体の反応が?

Sponsored Link



人はストレスを抱えると、心拍数が上昇し、血管が収縮して苦しくなります。ハーバード大学の実験では、「ストレスは大切なもの」と思い込ませると、ストレスがきても心拍数は上がりますが、血管の収縮はなくなったという結果があります。

このことから、思い込むことの大切さがわかります。

 

また、ストレスは上手に使えば自分にとってプラスになるんです。そのことが分かるのが、ニューオリンズ大学のスカイダイバーを使った研究にありました。

スカイダイビングをする際、ベテランと初心者の心拍数の高さはベテランの方が高いんです。でも、これは悪いことではないんですね。実際にプロのスカイダイバーにインタビューをすると、「飛びたいと思うほどドキドキして集中力も上がる」という答えが。

ここでは、飛ぶことに対するストレスを、集中力に変えて困難に対処できるようになることが分かります。

また、スタンフォード大学の生物学の研究では、子ザルを母ザルから引き離すと、過保護に育てられた子ザルより物怖じしないことという結果が出たんです。

母ザルから離されたことによるストレスが前頭前野を発達させ、ストレス体験から強く成長できるようになったという結論が出たんですね。

このデータから、ストレスは時に自分自身を成長させたり仕事に対するパフォーマンスを良くしたりしてくれるんですね。

実はストレスは無い方がかえって危険なんです。退職後、リラックスした生活をする人は、うつ病の発症率が40%増えることが分かっています。

逆にストレスがあった方が、自分を活気づかせ、良いパフォーマンスを発揮できるんですね。

ストレスを感じて、心拍数が上がり興奮すると脳内ではアドレナリンが分泌されます。分泌されると、五感が研ぎ澄まされ、意識の集中ができます。もしも、あなたが仕事やテストなどでストレスを抱えたら、「今日はストレスがあるからうまくいきそう」と思えば良いんです。そうすると、きっと仕事やテストなどで良い結果が出せますよ。

ストレスがあっても自信を持ってチャレンジするのが大切

Sponsored Link



チャレンジ精神は自分の気持ちを高揚させ良いパフォーマンスへと導いてくれます。そのチャレンジ精神を持つには、自信を持つことが大事なんです。自信を持つというのは、個人的な強みを認識すること。どれだけ準備を重ねたか、どれほどの問題を乗り越えたか…自分が乗り越えた苦労を強みとして認識した時、ストレスがチャレンジ精神に変わるんです。

 

最後に、ケリー先生から「ツラいことがあって大きなストレスを抱えたとき早く立ち直るには?」という質問がありました。

その答えは「ボランティア活動」。自分がツラい時こそ人のために何かをするのが大事なんです。

2013年に起こったボストンマラソンでのテロ。この時、ランナーは自主的にボランティア活動を行ったんです。フルマラソンで疲れ果ててる時にテロが起きて、相当なストレスがある中、ランナーはケガをした人たちのために献血に駆け付けたんです。また、地元の人は毛布や寝る場所、食事を提供したり、落ちていたメダルを回収して持ち主に返したりしていました。

ケリー先生曰く、ボランティアをした人の方がPTSDが早く回復するんです。ボランティアをすることで、オキシトシンが分泌され、恐怖を鈍らせ困難に対する勇気が出てくるんですって。誰かを助けると、自分も早く立ち直れるという効果があるんですね。「情けは人の為ならず巡り巡って己が為」という言葉を思い出しましたね。

ちなみに、ストレス状態にある人がボランティアの経験でその後どうなったかというデータがあります。ボランティア経験が無い人は死亡率が30%増え、経験がある人は死亡率の変動が0%だったんです。

ストレスはきっと、生きる力を与えてくれる材料なんだろうなと思いました。

授業をまとめると、ストレスは、「良い物」だと思い込むことでチャレンジ精神が芽生え、生活に活力を与えて自分を生き生きさせてくれるスパイスということだという考察となりました。

ストレスをうまく使って、自分の生活を生き生きさせたいですね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

最近、ブログランキングに登録しました!
もしよろしければ応援していただけると嬉しいですっ^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
にほんブログ村

Sponsord Link

 

テレビ テレビ バラエティ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る